アーカイブ

Archive for the ‘経営環境’ Category

決算報告会実施

2012年7月30日 コメントを残す

28日(土)

普段は休みの土曜日・・・

猛暑が続き、、、社員の誰もが疲れているだろうに~~~

でも、悪いけど、恒例行事として第64期決算報告会を行った。

今回も中小企業診断士O又先生の指導のもと、

T顧問にも臨席していただき、昨年度の決算内容を社員に報告~~~

O又先生

たいへん厳しい状況が続く、日本経済

まして円高やメーカー各社の海外シフト~~~電力問題等々・・・

製造業にとって厳しさは枚挙にいとまが無い!!

そんな中でも、何とか3期連続の黒字を達成する事ができ、非常に嬉しく思っている。

しかし社員のモチベーションを上げるには、還元しかない、、、

でも~~~まだそこまでは・・・

2012年度は、内容を重視して、さらに安定経営を目指したい!

Kaz

カテゴリー:経営環境

先行き不安な日々が続く

2011年10月26日 コメントを残す

25日(火)

アメリカでは国内経済の回復が思うほど進まず、QE3の発動もありうるとか?

欧州危機も未だ決定的な打開策が見えず、、、

対ドルのみならず、対ユーロも円高基調が進み、輸出産業は日本国内から海外シフトするしか生き残る道はない?!

タイの洪水も大きな不安要素だし、日本の製造業はどうなるのだろうか?

TPPにしても、与野党を問わず国会議員の多くが反対しているとか!

二国間のEPAやFTAを進めるべきだとか、いろんな意見はあるだろうが、、、

アメリカとの同盟深化という言葉と裏腹に、沖縄の辺野古問題も混迷を極め、政治家は何をしているのだろうか?

来年は国内の空洞化が一層進み、中小零細の製造業が置かれる環境はさらに厳しくなるだろう。

電力不足の懸念もあるが、空洞化が進めば、電気使用量も減少るだろうし、、、

今後の状況を考えるほど、不安感が大きくなってくる ・・・

そんな日々が続いているが、朝一番で税理士が9月の試算表を届けてくれた。

内容的には、とんとん ・・・ あれだけ残業しても、、、理由は分かってはいるけれど、、、

何とも言えない虚無感が襲ってくる。

その後、県の職員さんが来社 ・・・ メッキ組合高崎支部長を務めている自分に、会員企業へGS認定制度についてPRして欲しいというもの。。。次回支部会で紹介することを約束。。。

ランチタイムは、G銀行高崎支店2階会議室にて・・・群青会役員会に出席

忘年会から新年会について等々 ・・・

早いもので、もう忘年会についての議題が出る時季になってしまった!

夕方からは、商工会議所にて異業種交流会に出席した。

JETRO 貿易振興機構の方をお招きして、海外進出や自社製品輸出など貿易に関わる支援策について説明を受けた。

東南アジアの4国タイ・フィリピン・インド・ベトナムに関しては、2~3ヶ月間、非常に安価で事務所スペースの提供をしてくれる支援があるという。 そのうえ、通信機器や事務機器も有償で借りる事ができるうえ、通訳やアドバイザーも常駐しているので、様々な助言を受けることが可能だ。

この支援を利用して、現地に進出する準備をしたり、輸出の足がかりを作るのも一手だと思う。

弊社はインドネシアに拠点があるが、彼の地は活況を呈しており、様々な案件が飛び込んでいる。

東南アジア諸国は、AFTA(ASEAN自由貿易地域)、関税撤廃を最終目標としている。

日本もASEANとEPAを締結しているが、近隣諸国で部品調達できれば、納期の短縮も図れるので、日本は地の利が無い。

またインドネシアは市場も大きい・・・意外と知られていないが、人口は2億3千万人以上で世界4位

輸送コスト・地産地消を考えると、その場所で生産するに越したことはない。

東南アジアには、果てしない夢がある ・・・

日本の行く末は ?

Kaz

 

 

 

カテゴリー:経営環境

労務面の改善

2011年10月24日 コメントを残す

22日(土)

昨年から取り組んでいる「職場意識改善委員会」の研修を行った。

社会保険労務士のI先生をお招きしての研修は、私自身も啓発されることが多く、今回も社員の心に届いたものと思う!?

挨拶する私

東日本大震災の影響により、震災以降6月末まで、受注量が激減し、、、

輪番操業もあったなかで、激減していた分の挽回をすべく、受注が大幅増の今・・

社員は必死に残業をし業務に励み、ありがたく思っている。

だが、、、いつまで、この需要が続くのか、自分としては懐疑的だ。

やはり、、、超円高による海外シフトは静かに進み、、、

FTA締結では韓国に先行され、、、TPPの参加議論さえタブー視される日本・・・

これでは、日本の物づくりを支える中小零細企業は、壊滅的になってしまう!

一刻でも早く TPPに参加するなり、二国間によるFTAやEPAに取り組むべきだと願ってやまない

Kaz

 

 

 

カテゴリー:経営環境

今日から7月

2011年7月1日 コメントを残す

1日(金)

2011年も半分が終わった。。。

3.11の傷は癒えず、、、退任するはずの国の代表は居座ったまま、、、国会を空転させるような人事を行い、独りよがりが際立っている!

顔を見たくないのは、永田町の人たちばかりではなく、、、

テレビに映ると、チャンネルを変えたくなる。

さて自動車メーカー各社が輪番操業を実施することになり、今日が初日となった。

昨日から、前倒しして休みにしている会社もあるのだが、中小零細企業が月末に休んでいると何を言われるか分からない!?

取引先各社や関係者には、伝達済みであっても、予期せぬ来訪者もあるので、変則の休業あるいは稼動は慣れるまで大変かもしれない。

ちなみに、、、

弊社は、2ラインあるが、

カチオン電着塗装ラインの休日は 金・土

無電解ニッケルメッキラインは通常通りの 土・日 を休日とする。

2ライン共通しての休みは、土曜日となるのだが、メンテナンスのために出勤する人もいるので、毎日、誰かしらが会社に来ることになってしまう。

したがって、気持ちが休まる時はないかもしれない。

電力使用も制限され、、、これから暑さ本番となるが、この対策も気が重い!!

Kaz

カテゴリー:経営環境

海外への投資

2011年6月24日 コメントを残す

23日(木)

またまた、うんざりするほど暑い一日となった。。。

朝一番 まだ暑くなる前に、、、、市内のK島工業殿を訪問&打ち合わせ、、、

こちらの会社では電力のピークを分散するため、工場長は昼からの出社にシフトしているという。

K島工業殿は主にゴム成型品を製造している会社で、成型には電熱を使っている。

電気使用量は弊社の2.5倍くらいとのこと。。。企業規模もあるけれど、電気使用量が多い企業にとっては、この夏の電力不足は深刻な問題だ。

それだけに、会社ごとに、いろんな工夫をしているようだ。

打ち合わせが終わり、帰社すると、、、、5人が立て続けに来訪・・・あっという間に夕方、、、

~~~~~~~

シャワーを浴びて着替え、、もちろんクールビズ。。。

それから市内にある しゃぶしゃぶ の名店 「洛々」 へ出掛けた。

送別会に出席するためだが、、

実は、、、弊社は海外投資をしていて~~

インドネシアにメッキ工場を設立したのが 1995年頃 ・・・ 進出に関する調査は、この2年ほど前からなので、今から17~8年前のことになる。

今年は、第二工場を設立し、業務拡大を図っている。

それだけ需要が旺盛だということの証、、、日本国内の空洞化を実感せざるを得ない状況だ   !

業務拡張に伴い、人材も必要不可欠 !

そこで、白羽の矢?は、T社長の令嬢に、、、

現地に赴くことになった令嬢の壮行会・・・彼女の前途を祝したい!

 

97年の通貨危機~~~暴動

リーマンショック・・・など世界経済にダメージが及んだ割りには、東南アジアの潜在能力は高い。

弊社にとって海外投資のメリットは、株主配当だが、、、これまでは無配・・・

長年、首を長くして待っているのが実情で、、

今後は配当に期待したい・・・・・・・

 

Kaz

カテゴリー:経営環境

職場意識改善の取り組み 2011

2011年6月6日 コメントを残す

3日(金)

昨年に続き職場意識を改善する取り組みを行う。

どのようにしたら、会社の業績があがり、同時に自分たちの生活と収入が増えるか・・・など 社員自らが考える機会となる。

先ず出来る事から実践することとし、23年度は、さらに、拡充して行きたい。

2年目の取り組み開始にあたり、労働局よりお二人が来社し、様々な助言を頂戴した。

3.11震災以降、低迷を続ける現状、、、社員とともに元気が出ないけれど、、、

6月末~7月初旬にかけて 自動車業界の稼働率が改善する旨のNEWSに期待が膨らませている。

先日、HONDAの ディーラー店長から電話がはいった。。。 内容は、本田技研から 6月末には震災前の水準で供給可能になるという 知らせ ・・・ とっても明るい希望の持てる連絡だ !!

—————

しかし 稼働率が上がるとなれば、自然減で社員が少なくなっている現状から、いかに早期に増員できるか ~~~  悩みは尽きない

 

Kaz

カテゴリー:経営環境

自動車各社操業停止の余波

2011年3月29日 コメントを残す

29日(火)

計画停電が実施されない日が、少しずつ多くなっている 。。。

このこと自体は大歓迎であり、とってもありがたい !

が、しかし、、、自動車メーカーの操業停止が長引き、、、何度も休業予定を延長している

このため、とうとう、弊社も受注が・・・限りなく~~~少なくなってしまった、、、

 

震災の直接被害は被っていないものの、二次災害のような事態に陥っている。

このままでは、開店休業・・・電話も少ないし、、、

リーマンショック後 よりも悪いかも !

 

福島原発の問題もあり、、、周辺企業は操業再開が出来にくい状態だとか、、、

日産いわき工場で生産していたエンジンは、アメリカからの輸入を検討しているらしい

でも、その他の部品供給が再開できなければ、、、組み立て工場の再開はない!

 

自動車や電機・半導体など・・・メーカー各社が以前のように フル操業を再開できるのは、いつになることやら ??

 

100年に一度の大恐慌 に続いて、、、1000年に一度の大津波

3年間で二度も歴史的な事象が起きて、、、

そろそろ、体力も限界 ・・・ そんな中小零細企業が多いのでは?

 

原発問題も最優先課題・・・・・野菜や魚なども風評被害を受けてており、農業・漁業もたいへんな事態

原発の安定は必須  だが、、、原発だけではなく、、、この深刻な事態を政治家はどう考えているのだろうか?

 

もっと早く、冷却材を投入し、廃炉にする決断をしていれば、、

 

次の選挙では、確かな決断を速やかにできる政治家 を選ぼう

 

Kaz

カテゴリー:経営環境, Uncategorized

物の値打ちは、それが無い時に一番わかる

2011年3月22日 コメントを残す

22日(火)  計画停電の実施有無を読んでの稼動を心がける日々・・・

藤間精練は平素より、月曜日~金曜日までが通常営業だが、計画停電のパターンによっては、曜日を度外視して、出勤日を組み立てる可能性を検討している。

この3連休は、計画停電が実施されなかった。これを踏まえ、21日(月)は工場を稼動し、カチオン電着塗装ラインは、予定通りの作業を実施することができた。

しかし22日(火)は、カチオンの稼動を休日とした・・・これは朝一番の計画停電に加え、電力需給次第による停電の可能性があるといわれる2度目の停電が行われた場合、連続運転が必須のカチオン電着ラインは、仕事にならないから!!

停電の可能性が少しでもある場合は、ラインを運転しない方が良いとの判断からだが、、、22日は、二回とも停電がなく、、、何とも文句の言いようが無く、また文句を聞いてくれる相手もいない!

ある意味で、東電は、、、あるある詐欺だ!

しかし、弊社で行っている、もう一方の無電解ニッケルメッキラインは、バッチ式という方法で運転しているので、途中で停電しても、計画を把握していれば、その間は作業を停止することで、何とか、生産することができる。

ただ、あいにく、、、というか、皮肉なことに、こんな時に、電気系統のトラブルが発生し、昨日昼前~23日2時頃まで、ラインがストップしてしまった。  なんとも ついていない ものだ!

雨が降ると、メッキ屋は電気系統にトラブルが発生しやすい傾向がある・・・湿度が上がり、ショートしやすくなるから、、、薬品による電線の劣化などの要因もあり、時折、発生する現象だが、今回は、インバーターがやられてしまった! しかも昨日は、祭日で、電気材料商が休み!! インバーターを交換しようにも代替品の手当てができない・・・この点でも “つき” がない !!!

昨日~今日と、、、フル生産しようと思っていたのに、、、歯がゆい二日となってしまった!!

「物の値打ちは、それが無い時に一番わかる」 という、イギリスの諺があるそうだが、、、 現在の東日本にある工場にとっては、まさに、「電力」 が、これに該当するのではないだろうか!

※ 被災された方々にとっては、家族を始め、、、電気、燃料、食料、飲料水、衣料品、医薬品などはもちろん、安心して眠れる居場所など、、、普段、当たり前のように身の回りにあったもの すべてが該当するでしょう!! ・・・  福島原発の安全 !! も、、、何とかして欲しい !!!

今の私にとっては、電気とインバーターが この諺に当てはまる。 だが、、、あれば、その価値を つい忘れてしまいがち、、でも、しっかりと記憶に留めておかなければならない。

また普段、当たり前のように吸っている空気・・・10年ほど前に、急性肺水腫になったことがあるのだが、この時は、自然呼吸が出来なくなって、、、日赤で、人口心肺装置を付けられた。このときばかりは、酸素というか・・肺呼吸のありがたさを思い知った。。。しかし月日が経つと忘れてしまいがち・・・だけど、苦境をしっかり胸に刻んでおかなくてはいけない。

水道の蛇口を回せば、飲料水があふれ出て、、、電気のスイッチを入れれば、電灯が点り、、、暖房もスイッチひとつで良かったものが、停電になると、とにかく脆いもの。  子どもの頃にでも、昔から、少しでも原始的な暮らしを実体験していれば、苦にならないのだろうが、便利に慣れている現代日本人・・・まったく、弱いものだ!

不便を知り、便利を理解する必要あり ?!

夜明けの来ない朝はない!

夜明け前が一番暗い  とも言うし、、、 どんなに 苦しい時でも、 笑顔でいると いいことがある に違いない !?

No pain   No  gain   震災で失ったものは、あまりにも大きいけれど、、、

苦労無くして、得るもの無し ・・・ 前向きに考えたい

Kaz

カテゴリー:経営環境, Uncategorized

中小企業の状況

2011年3月19日 コメントを残す

18日(金)

世の中、たいへんな状況下ではあるけれど、、、午後から、とある議員さんと同行して私の知己企業19社を訪問した。

作っているものは各社、それぞれ違えども、物づくりという点では、一緒であり、このような計画停電によって、かなり苦労している状況は各社みな同じ。。。

弊社も同様だが、、、鋳造をしている企業では、一連の作業に最低でも4時間を要するため、一日に2回も停電されると、どうにもならない・・・

計画停電の5パターンに合わせたシミレーションをして、生産計画を行ったり、、、

中には夜10時から始業し、朝の停電開始まで生産する会社もあったり、、、

土日も関係なく、一日二度の停電が予定されている日を土日とみなし、稼動しようと考えている企業も多く、各社、おかれている事情によって対応は様々だ。

大半の企業は、曜日ごとに終日停電するエリアをローテーションする方が、やり易いと思っていることが分かった。 ただし、食品を扱っている企業は冷蔵、冷凍に関して、終日停電すると大問題となってしまうため、全部の業種に都合が良い停電のあり方は、とっても難しい問題だ。

また群馬県も福島原発の問題で避難している方々を受け入れるため、バス23台が迎えに行ったそうだ。 お弁当を製造している企業では、この方々のお弁当の受注があり、現状も燃料不足で困っているのに加え、配達が大変ネックとなりそうだという。

政府の備蓄分の燃料が高崎市内にも届いているそうだが、ガソリンスタンドに配達するローリー車が少なく、各スタンドには未だ潤沢に燃料がある状況にはなっていない。 しかし、心理面からか、ガソリンスタンドには、見たことが無いほどの大行列ができて、周辺の道路が大渋滞を起こしている。 特に田んぼだらけの田舎道にできている車列には、本当に驚かされた!!

会社や自宅前が、この渋滞の車で、ふさがれて、出るに出られない・・・出れば、横入りしたと勘違いされて、怒られたり?! 喧嘩騒ぎもあるという! 不要不急の給油は控えろというが、心理的要因を沈める努力を政府がしっかりとアナウンスするべきだと思う。

原子力発電事所の事故もしかり、、、もっと適時適格に透明性をもって、専門家と官房長官が個別に会見するのではく、同席して専門家の見解を聞きたいと考えている人が多いのではないだろうか。

弊社には、外国人労働者が居る・・・ブラジル・タイ・ベトナムの人が合計5人~~~ 当然、彼らは放射能についての専門的知識もなく、母国語による情報も無く、相当、怯えている。

我々が冷静沈着な行動をする事によって、安心感を与えなければならない。

午後1時より、企業訪問開始~~~6時20分からの計画停電開始直前に自宅に到着・・・ほっとする間もなく、停電開始~~~電池式ランタン&アロマろうそくを灯し、静寂ななかでの夕飯!

江戸時代?にタイムスリップした感が、、、外に出ると、満月に近いお月さんが、、、この月の明かりが無ければ、漆黒の闇に包まれただろうが、その分、星空が綺麗かも! しかし、治安や交通安全の面では、最低限の光源が必要だ!

釣りが趣味の自分としては、ヘッドランプやランタン・ガスコンロは釣りをするための必需品・・・充電式電池エネループも、、、これらが、こんな時に役立つとは思ってもみなかった。

Kaz

カテゴリー:経営環境

生産計画が立たない計画停電!?

2011年3月15日 コメントを残す

15日(火)

昨夜はテレビ&ネットを注視(朝が早いので、夜8時以降は眠くてしかたないのだが)していると、午後8時半を回ったところで、ようやく、日本テレビが、翌日(つまり15日)の輪番停電の時間帯を報道した!! 東京電力のHPでは、広報されないのも余裕がないからか?などと呆れてしまう

報道では、計画停電の輪番は、12時20分~16時 、、、もはや諦め半分、、、仕事の効率は最悪だから

しかし、変更が多い東京電力のことなので、、、きょうも早朝から情報収集、、、社員&客先との打ち合わせ・・・生産調整等々で・・・とっても精神的に疲れた一日となった!!   真の意味で計画性のある計画停電を頼みたいものだ!!

というのも、、、高崎市では今日も昨日に続き、、、東京電力による計画停電の輪番(12時20分~16時頃)が来るというので、正午までに生産を打ち切り~作業を停止した。

12時3分の高崎市の防災情報 「あんしんほっとメール」 では、計画停電実施の内容が届いた、、、ところが、12時20分を過ぎても停電にならず、、、どうなったのかと思っていると、、、

12時37分に高崎市より前述のメール情報が届き、なんと昨夕と同様、本日の計画停電も高崎では実施されないという!!

東電は狼少年か?!

弊社の社業はメッキ&塗装・・・一旦、機械装置を停止すると、また準備をやり直なければならず、、、これが90分程を要し、、、一日に2回も同じことを繰り返す手間もさることながら、、、メッキの場合は、一連の流れを停止すると、全部不良となってしまう。

このためメッキラインは一貫した流れ・・・決まった行程を決まった時間を掛けて・・・のなかで、稼動・操業しなければならない!

停電の場合、メッキラインによる製造以外の一般作業はできても、メッキラインが停止しては、その他の作業(準備や検査)は無いに等しく、、、パートさんはその時点で、帰宅してもらうしかない。

「12時20分~の計画停電が実施されなくなった」 という連絡が、開始予定時刻の直後に入っても、もはや修正できない会社が多いのでは?  停電になる前提で、社員を帰宅させて休業する企業や店舗も多いし、、、11時10分時点と12時3分の時点では、予定通り実施の連絡があったにもかかわらず!! あまりにも、対応がひどすぎるが、、、これはもしかして、節電対策?

高崎市の対応は、迅速かつ丁寧で素晴らしいと思うが、素データが狼少年の東京電力からの情報を基にしているのでは、、、情報が錯綜してしまうはずだ!

しかも、、、今日のように計画停電時間帯が、12時20分~16時のように、一日のど真ん中・・・生産できる時間が断続的では、効率は最悪・・・結果的に長時間労働にもなりかねず、、、

零細企業といえども、、、顧客への供給責任があるので、、、その役目は果たしたい、、、だけど、電気がなくては商売にならず、、、

このまま状況が2ヶ月も続けば、、、、売上不振 → 金融機関への返済?? → 経営が苦しくなる零細企業が多くなるに違いない!~~~少なくとも、弊社は大変きつい!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2年前には100年に一度といわれるリーマンショックが襲いかかり、、、やっとの思いで、なんとかこうにか、立ち直りかけているところに、、、今度は1000年に一度といわれる規模の大地震&大津波~~~2年間で2度の激甚災害が、現代社会を襲うとは~~~石原都知事が言う現在の日本人に対する「天罰」なのだろうか?

被災された地域の方々には、衷心よりお見舞い申し上げますが、原子力発電所の事故とともに、JR&私鉄への電力供給などについても、すべての面において対応がお粗末な東京電力・・・立腹している人が多いのではないだろうか!

零細企業経営者の苦悩は尽きることがない!?・・・これが自分の天命?・・・天罰  か! ???

今後、数年たった時点で、、、この悪夢を戒めとして、生きていられる様に祈りたい。

南無阿弥陀仏 。。。 合掌

Kaz

カテゴリー:経営環境