アーカイブ

Archive for the ‘労務問題’ Category

空いた時間に日本文化を紹介

2011年4月12日 コメントを残す

11日(月)

震災後は、操業時間短縮が余儀なくされている。。。そんな企業が多い

弊社も、当然、、、

月曜日は、会社を開けていないと、倒産したと思われる、、、そんな心配から~束の間でも、営業しているが、、、、自動車に関わる分野の操業時間は本当に短く ・・・

半日程度で、社員の帰宅を促すケースが多い

メッキ業の場合、依頼品が来ないことには、仕事にならず、、、眼前の製品が無くなれば、即、終了となってしまう。

メンテナンスも、できることが限定されるため、どうしても半ドンが多くなる

 

弊社には外国人が数人在籍しているのだが、、、

12月初旬にベトナムから、やって来た実習生は、まだ5ヶ月目、、、当然、言葉の理解が浅く、原発問題では不安感が大きいようだ。

そのうえ、仕事も少なく、短時間で帰宅しなくてはならず、私としては、不憫でならない。

賃金面では、雇用調整助成金を活用し、最低限、休業補償をするのだが、このような緊急事態では、心のケアが必要だと思う。

そこで、日本文化の一端を紹介したいと考え、満開の桜を見せることに~~~

これにより、日本人の心を少しでも、理解してもらえれば、、、

 

高崎観音の前で

高崎の観音様前で

 

和田橋野球場の土手上で、高崎市役所を背後に 1枚

和田橋野球場近くの堤防で

 

お堀端も 満開の桜が、、、

お堀端で

 

彼の名前は、ファム ヴー フン 君

日本の技術を学びたいとの思いで一杯だと言う。

 

東日本の復興が最重要課題だが、まずは目先の操業率向上を期待する!

 

Kaz

カテゴリー:労務問題

ベトナム人実習生

2010年12月8日 コメントを残す

8日(水)昨日は東京へ出掛けて仕事をほとんどしていない。今日はたまっている仕事をこなそうと思いつつも、本業以外のボランティアの要素が多い一日となった。

地区のパトロールについての取りまとめなど、、、青色回転灯3台の購入手配~3人への配布に関する日程調整。。。そんな事で時間を費やす

あっと言う間に?夕方になり、、、先ほどベトナム人実習生に対する日本語試験に立ち会った。

組合による20問のテストだが、思いのほか日本語を良く理解しており、超ビックリ!。。。「てにをは」 などの助詞についての設問が多く、外国人にはかなり難しいと思う内容

それでも、、、なんと二人とも17問の正解!

間違った箇所も同じなので同一の感覚なのだろうか?

母国で勉強していたとはいえ来日して、1月ほどにしては、凄い事だと思う。今後、さらに成長し戦力としての期待が大きく持てそうだ。

Kaz

カテゴリー:労務問題

社員教育

2010年7月26日 コメントを残す
24日(土)毎日、暑い日が続き、社員はグロッキー気味、、、
そんな中だが、社会保険労務士のI先生をお招きして、職場意識改善委員会を発会した。
朝9時からお昼まで、、、皆の意識も高く?誰一人、、、居眠りをする者もなく、、、3時間があっという間に過ぎた。
 
職場意識改善委員会とは直接関係がないが、皆の関心が高い年金問題など質疑応答を交えた参加型の会合にしたことが功を奏したのだろうか???
来年1月までの間に、あと三回程度の会議を持つのだが、最後には社員各自が高い意識を持ってくれる事を期待している!
 
Kaz
カテゴリー:労務問題

改正労働基準法

2010年6月30日 コメントを残す
29日(火)午前10時~12時まで、労働基準監督署による外国人実習生受け入れに関する法改正についての講習会に参加した。
実習生の受入のほかに、改正労働基準法や入管法も深く関係するため、様々な角度からの講習となり、
基本的には外国人も日本人と同一の法律の下、雇用契約を締結しなければいけない事を再確認をした。
 
22年4月1日より、改正労働基準法が施行され、ポイントは、以下、大きく3点、、、
①1ヶ月に60時間を越える過重労働(簡単に言えば残業などだが~)については、割増率を25%→50%以上に引き上げる。
②引上げ分の割増賃金の代わりに有給の休暇を付与する制度を設けることができる。
③中小企業は3年間程度の猶予期間がある。
 
50%以上となれば多くの経営者は、一般労働者の残業を認めないだろうが、管理職の過重労働が大いに気なるところだ。
過労の問題もあるので、一日当たりの残業は2時間ほどに抑えたいところ、、、だが、一般従業員は法改正について知る由も無く、、、
有給休暇の取得率UPも促進しなければならず、そのほか育児介護休暇なども、、、結果的に労務費のUPとなるのは必定!
 
生産性の向上と言っても、労働集約型の企業にとっては、労務費のUPは死活問題。。。
 
経営者の悩みが尽きることはない
 
Kaz
カテゴリー:労務問題