ホーム > 旅行 > ジャカルタ視察 2012

ジャカルタ視察 2012

21日から5泊6日の日程で、インドネシアを訪問した。

実に5年ぶりのインドネシア出張だが、目覚ましい発展を遂げている。

宿泊したホテルは、元日航・・・今はプルマン ホテル となったが、日本人スタッフが常駐しているので、万が一何かあっても安心だ。

立地条件は、ジャカルタの目抜き通り タムリン に面し、目の前には日本大使館がある。

ロータリーからホテル方面

↑ の写真 中央の白い建物が、小さく見えるけれど、PULLMAN HOTEL

正面には、↓ グランドハイアットホテル ・・・ 昔は大きい建物だったけれど、、、

今は高層ビルが立ち並び、小さくなってしまった!

グランドハイアットホテル

↑ の写真中央にある大きなビルの右側に日本大使館がある。

ロータリー交差点

↑ の写真は、日曜日に撮影したもので、この日は、午前中だけ、自転車でサイクリングを楽しむ人に解放されていた。

実はこの場所で、21日~22日の二日間にわたり大規模なデモが行われ、空港からの所要時間は通常30分~40分ほどだが、21日は3時間近くかかってしまった。

警察が周辺を道路封鎖したため、ジャカルタ市内へ向かう道路が大渋滞となったのだ!

このデモは最低賃金のアップを求めたもので、1万5千人が集まった と ↓ の新聞に書かれている。

じゃかるた新聞1面

↑ の新聞の右側に為替レートが、1万円=117万ルピアと書かれているが、

実際に1万円を両替すると、 114~116万ルピアで交換できる。

したがって、新聞にに出ている 220万ルピアは、約2万円となる。

18年前に初めて、インドネシアを訪問した時は、1万円=18~19万ルピア。

工場労働者の最低賃金は、日本円で5000円程度だったと記憶している。

1995年に現地法人を設立した当時は、現在と同様、急激に円高が進行し、1ドル=¥85-

1997年のアジア通貨危機により、インフレが進み、今でも尾を引いているのだろうか?

紙幣は2万ルピア札が一番高い札だったけれど、今では10万ルピア札や5万ルピア等が使用されている。

ルピアは円に対し、約5分の1の価値になってしまったようだ!

マナー向上

道路事情は、昔は車線が意味を成していなかったが、今ではマナーがアップしたようで、きちんと車線に沿った走行ができている。

日本人からすると当たり前の事なのだが、、、

シルバーバード タクシー

タクシーは、ホテルから乗るのが安心だ!

特にシルバーバードがBEST

たまたま、ベンツに当たり、運転手も良かったので、3日間依頼する事にした。

1日目は、時間的には半日程度、往復60~80Kmくらい

料金は、70万ルピアだから、、、約6千円

2日目は、10時間ほどで、往復100~120Kmくらい。

待機時間も多かったが、

料金は、140万ルピア・・・1万2千円ほどと安い!

田舎の風景

↑ の写真は、ジャカルタから、約60Kmほどにあるカラワンの田舎

KIM工業団地入口付近だが、この茶色の川で水浴びや洗濯をしている。

インドネシアでは、裸足の人もいれば、女中さんを雇いベンツに乗る金持ちも居る。

歩道橋の上では、物乞いも居たり、、、多種多様だ!

今回は、銀行の視察研修旅行が切欠だが、自分は単独行動をしたため、自由時間が多く、ひとりで考える時間もたくさんあった。

出資先の工場は、今年拡大したばかりだが、次の手はリスクの少ないレンタル工場!

賃金UPが避けて通れない事情を考えると、これからは労働集約的な仕事は適さなくなる。

機械装置は自動化、省力化しなくてはならない。

それでも、魅力あふれる インドネシア

次回は何時になるか?

Kaz

カテゴリー:旅行
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。