ホーム > 魚釣り > 妙義湖釣行 2012②

妙義湖釣行 2012②

5月4日(金)

最近、年齢とともに、眠くなる時間が早くなっている。

休日は、特に、、、

夕方5時過ぎに入浴し、夕飯を食べてからテレビを見ていると、いつの間にか眠っている。

3日の夜もまさに、このパターン、、、

翌朝の釣行もあるので、目覚し時計を2時半にセットし、9時に就寝 ・・・

天気が心配だが、とりあえず、寝ることに。。。

数時間後、予定通り、2時半に起床し、夜空を見ると曇っている。

山の天気が気になるところだが、とりあえず行って見ることに、、、

まず妙義湖へ向かうことにしたが、4時に湖畔へ到着すると、同時にもう一人ベテランさんが、やってきた。

深夜・早朝の暗がりでの釣りは、誰かが、近くに居ると心強いものがあり、早速、準備に取り掛かる。

手始めに、遊動式の浮仕掛けをセットしたのだが、暗くて様子が分からず、、、

続いて、ブッ込み仕掛けの竿を準備した。

すると、、、ブッコミ竿に早速、反応があり、最初の竿もブッコミに変更。。。

何回か、当たりが続いたが、糸切れや食い込みが浅く、取り逃がし、、、

しばらくして、ようやく感を取り戻し?たちまち5匹ほどをGETした。

そのうち1度は、2本同時にHITして、、、お隣の御仁に巻き上げてもらった。

その後は、ひとり、またひとりと釣り人がやってきたが、突然の降雨 ・・・

しかも、雷が近くで轟音を発したため、慌てて車に避難した。

車内で、6時のNHKラジオ放送を聞きながら、朝飯を済ませていると、1時間ほどで、雷が収まった?!

湖畔に降りて、釣りを再開、、、同一ポイントに投げ入れると、入れ食いが続いた。

遠投が有利だが、時間が経つにつれて、近場のブッ込みもHITし始めた。

ボート客が来ると、魚が散るようだ。

雨上がりの協議湖

ダムサイトでは、ここ数日間の降雨のため、水が濁っていることと、流木や落ち葉が湖面を覆っている。

わたしが居るポイントは、上流の流れ込み付近で、比較的、水位は低い場所だが、流れてくる落ち葉が湖底に溜まっている。

そんなポイントに仕掛けを投げ込むと、ゴミの重さでリールが大変重くなり、竿が折れそうになるので注意が必要だ。

昼頃になると、風向きが変わり、ダムサイトから上流に風が吹き始めた。

この風のせいで、ダムサイト付近に漂っていたゴミが、我々の前を塞ぎ、、、釣りができない状態になってしまった。

仕方なく、12時頃、納竿し、遅れてやってきた、J宮君、T胡君とヤマメを放流した碓氷川の様子を見に行くことに、、、

川の水は、かなり多く、濁っていたが、釣り人に聞くと、数匹の放流ヤマメが釣れたと言う。

ここからは、釣り道具の用意もなく、見物人となった。

その後、高崎市内へ戻り、八千代橋付近のルアー・フライ専用エリアへ、、、

すると仕切られていた網が見当たらない。。。大水で流されたのだろうか?

この水量では、放流した魚も、下流に流れたかもしれない。

川の流れと濁りが収まれば、まだまだ楽しく、釣りができそうだ。

この日の妙義湖での釣果は、ニジマス20尾ジャスト ・・・

久し振りに、たくさん釣ることができ、前回のリベンジができた。

次回は、野球の合間を見ての釣行となる。

Kaz

カテゴリー:魚釣り
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。