ホーム > 経営環境 > 先行き不安な日々が続く

先行き不安な日々が続く

25日(火)

アメリカでは国内経済の回復が思うほど進まず、QE3の発動もありうるとか?

欧州危機も未だ決定的な打開策が見えず、、、

対ドルのみならず、対ユーロも円高基調が進み、輸出産業は日本国内から海外シフトするしか生き残る道はない?!

タイの洪水も大きな不安要素だし、日本の製造業はどうなるのだろうか?

TPPにしても、与野党を問わず国会議員の多くが反対しているとか!

二国間のEPAやFTAを進めるべきだとか、いろんな意見はあるだろうが、、、

アメリカとの同盟深化という言葉と裏腹に、沖縄の辺野古問題も混迷を極め、政治家は何をしているのだろうか?

来年は国内の空洞化が一層進み、中小零細の製造業が置かれる環境はさらに厳しくなるだろう。

電力不足の懸念もあるが、空洞化が進めば、電気使用量も減少るだろうし、、、

今後の状況を考えるほど、不安感が大きくなってくる ・・・

そんな日々が続いているが、朝一番で税理士が9月の試算表を届けてくれた。

内容的には、とんとん ・・・ あれだけ残業しても、、、理由は分かってはいるけれど、、、

何とも言えない虚無感が襲ってくる。

その後、県の職員さんが来社 ・・・ メッキ組合高崎支部長を務めている自分に、会員企業へGS認定制度についてPRして欲しいというもの。。。次回支部会で紹介することを約束。。。

ランチタイムは、G銀行高崎支店2階会議室にて・・・群青会役員会に出席

忘年会から新年会について等々 ・・・

早いもので、もう忘年会についての議題が出る時季になってしまった!

夕方からは、商工会議所にて異業種交流会に出席した。

JETRO 貿易振興機構の方をお招きして、海外進出や自社製品輸出など貿易に関わる支援策について説明を受けた。

東南アジアの4国タイ・フィリピン・インド・ベトナムに関しては、2~3ヶ月間、非常に安価で事務所スペースの提供をしてくれる支援があるという。 そのうえ、通信機器や事務機器も有償で借りる事ができるうえ、通訳やアドバイザーも常駐しているので、様々な助言を受けることが可能だ。

この支援を利用して、現地に進出する準備をしたり、輸出の足がかりを作るのも一手だと思う。

弊社はインドネシアに拠点があるが、彼の地は活況を呈しており、様々な案件が飛び込んでいる。

東南アジア諸国は、AFTA(ASEAN自由貿易地域)、関税撤廃を最終目標としている。

日本もASEANとEPAを締結しているが、近隣諸国で部品調達できれば、納期の短縮も図れるので、日本は地の利が無い。

またインドネシアは市場も大きい・・・意外と知られていないが、人口は2億3千万人以上で世界4位

輸送コスト・地産地消を考えると、その場所で生産するに越したことはない。

東南アジアには、果てしない夢がある ・・・

日本の行く末は ?

Kaz

 

 

 

カテゴリー:経営環境
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。