ホーム > 社員教育 > 虫の知らせ?

虫の知らせ?

9月7日(水)

長く続いた猛暑が嘘の様に、お盆が明けた頃から、降雨日を起点に、すっかり秋めいた様相となった。

心地よい天候の下、榛名湖でワカサギ釣りを楽しむ筈だったのだが、、、放射線量を測るというので、解禁が遅れることになったそうだ。

さらに今年はワカサギが小さく、最低限必要な量の捕獲が遅れている。

いずれにしても、早く、良い結果を聞きたいと願う。

また猛威を振るった のろのろ台風12号は、各地に甚大な被害をもたらした。

3.11から半年を経て、また自然災害が日本列島を苦しめたことになる。

猛暑はウンザリだけど、、、台風も困る!

雨の日が数日続くと、、、気分も滅入るし、、、

しかも、電気設備の漏電が大変、気になるところ、、、

仕事量が多い状態で、ライントラブル~停止なんて、、、考えるだけで恐ろしい!!

だけど、嫌な予感というか、虫の知らせか?、そんな事が頭を過ぎると、決まってラインの何処かが故障するものだ!?

1日(木)の夜10時頃、社員から連絡が入り、、、会社に行くと、チラー(水を冷やすクーラーのような装置)が停止~~~塗料の温度が上昇している。

応急処置をしつつ、メンテナンス業者に電話をすると、こんな時間・・・午後11時頃・・・にも拘らず、すぐ来てくれた。 本当に有難い!!

チラーの基盤の一部が漏電によって、焼きついていたため、その場では修理不能・・・

翌日、メーカーによるチェックを行うと、、、ファンモーターが壊れていた!

運が悪いことに、金曜日だったことと、仮に部品が土曜日に取り寄せることができたとしても、台風による運送の遅延も考えられるし、雨のため、屋外作業による修理ができない。

よって、5日(月)に修理することになった。

漏電による故障が発覚してから、この間までの週末3日間は、気が抜けない状態が続いた。

5日に修理が完了すると思っていたが、、、なんと取り寄せた部品の一部が間違っていたため、翌日、再度、修理することになり~~~

もうここまでくれば、しょうがない!!

結果的に、6日(火)にようやく、修理が完了し、ほっとした。

しかし、故障はこれだけでは終わらない、、、悪いことは重なるもので・・・月曜日の早朝、搬送系のトラブルが発生! 幸いにして、チラーの修理で、メンテナンス業者が来社予定だったので、予定よりも、早くきてもらうように依頼 ~~~ リカバリー完了!

まだ気が抜けない日々が続くけれど、、、、

トラブルが発生した時こそ、若い社員に、応急処置方法を教える事ができるので、災い転じて福となす・・・良い機会としたい。

今回のように、チラーが故障した時は、地下水を冷却水として代用している。

夏冬一年を通じ約17℃の地下水は、メッキ業者にとって、たいへん有難い、有効な資源だと思う。

大事に使いたい!

 

追伸

今週末は、新潟で真鯛釣り に挑戦予定

Kaz

カテゴリー:社員教育
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。