ホーム > 輪番操業の影響 > 輪番操業から1月経過

輪番操業から1月経過

8月1日(月)

7月から始まった輪番操業は、ようやく1月が経過した。

過ぎてみれば、早いような気もするが、、、1ヶ月間、実質的な休日がなく、心身ともに疲れてしまった。

こんなに苦労をしても、、、実際の効果は如何なんだろうか?

弊社に限定したことしか分からないけれど、、、1日はガスや水道等の公共料金の検針があり、これを見る限り、効果は微妙だと感じる。

電気使用量に関して、ピークカット自体は、前年7月対比10%程度できたので、地道な努力が報われ、素直にうれしい!

だが、使用料金についていは、逆に10%近く増えてしまった。

都市ガスの使用量も7%UP。。。

背景には、主たる顧客が自動車関連が多いカチオン電着塗装ライン受注量が劇増したこともあるが、逆に、半導体関連や一般産業向きユーザーが多い 無電解ラインは激減がある。

また視点を変えると、部門別の休日設定により、実質的な稼働日および時間が増えている・・・このことが、真因だろうと思う。

ボイラや水処理システムなど共通設備が、毎週1日余分に稼動しているのだから、どうしてもエネルギー消費が増えてしまう!

一方で下水道の使用量が、30%UPとなっていることから、稼働日数の増加だけではなく、稼働時間の延長があることも分かる。

いずれにしても、ライン別の休日設定は、非常に効率が悪いことが実証された。

しかし、それぞれのラインで主要取引先が異なるため、休日設定を変則的にせざるを得ず、、、なんとも悩ましい問題だ、、、

あと2ヶ月、我慢するしかない !?

Kaz

 

カテゴリー:輪番操業の影響
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。