ホーム > 趣味 > 妙義湖へ釣行 2011①

妙義湖へ釣行 2011①

29日(金)

世間は休みの会社が多いかもしれないが、弊社はゴールデンウィークを前に、メンテナンスを行った。

どんなに受注量が少なくても、定期的にメンテを行わないと、必ず後になって、不良品を作ることになってしまう。

なので、決まってこの時季に塗料の置換を行っている。

今年も恒例に従いメンテを実施、、、待望の受注量が復活する日に備えなければならない。

と言うわけで、、、放流日だと言うのに、仕事を優先。。。当たり前だけど、、、

仕事が激減しているのだから、通常の日にメンテができれば、一番良いのだが、そうもいかず、、、連休前に実施。

詳細な理由は、、、ここでは不要だろう?

ようやく、メンテナンスが終わり、夕方5時、次男を伴って、、、妙義湖へ向かう。

大学生になった次男が、静岡から帰省し、久々の親子での釣行となったのだが、この日は夜釣り ・・・

到着した時刻は、午後6時を少し回り、、、ほとんどの釣り人は帰るところだが、常連のYさんだけは9時半まで粘る。この間、色々な情報をいただく。

その後、鯉狙いの長野県の釣り人と我親子の都合3人のだけが、静寂に包まれた湖畔に残ることに・・・

Yさんが去り、しばらくすると、ようやく初の当り !!

1匹 GET やはり、ポイントが重要みたい ~~~ Yさんのポイントに入れた途端の当りだ

4月末とは言え、夜の山の寒さは、かなりなもので、着込んでいても、かなり堪える。

次男は車に避難し、そのまま4時半まで寝てしまった。

その後、深夜零時までに何とか3匹、、、この夜は月が出ないので、湖畔は暗闇に包まれたまま~~~

そんな中、鯉釣士のリールから凄まじい音が! ドラグが出て行く音に違いない !! 通常は社内で待機していて、魚が当たれば、自動的に無線で知らせが行き、即座に釣り場に下りてくるのだが、数分経っても来ない。。。

車まで行って、知らせてあげると、、、やはり、鯉が喰らっていたのだ。

80cmクラスの鯉

凄いファイトを見せてもらった。

しばらく、静寂が続き、寒さが凍みる・・・・・魚の反応もなく、、、車で暖を取ることに

当然ながら、暖かくなれば、眠気も襲ってくる訳で、結果的に2時半まで休憩となった。

睡魔と寒さに抵抗しながら、竿の確認を行うと、2本の竿には魚の反応があったものの、逃してしまったようだ。

最後の1本も、反応があったと見受けたとおりだが、しばらく、放置していたため、ハリを咥えたまま息絶えていた。

それから30分ほどは、寒さに堪えていたのだが、あまりの冷え込みのため一旦、車に戻る。

そして、、、うとうとしながら、時計を見ると4時・・・うっすらと明るくなって・・・あけぼの タイム

この位の時間帯が、絶好のチャンス だ !!

7時半までの間は、そこそこ、当りが続き、、、最終的に14尾をGETし、8時半納竿&撤収

若葉が綺麗になりつつある妙義湖

放流した当日は、まだ活性が弱いのか、期待に反して数は伸びなかった。

碓氷湖にM氏が釣行すると言うので、帰路・・・足を伸ばして見ると、、、前日にヤマメを放流したとあって、大勢の釣り人が来ていた。

碓氷湖でヤマメ釣りを楽しむM氏

次回の釣行は、M氏の釣果を聞いて判断したい

Kaz

カテゴリー:趣味
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。