ホーム > 経営環境 > 群馬県庁に

群馬県庁に

25日(金)午前中には顧問税理士が1月度の試算表を持って来た、、、折込済みではあるが、内容はかなり厳しい!

1月は日数が無い・・・これは、どこでも同じ・・・言い訳にはならない

ただ、、、群馬県と産業支援機構から補助金の交付を受ける事業の支払を実行したため、一時的に製造経費が増大してしまった影響は甚大。

この補助金は完了検査を3月に実施し、4月に補助金の交付が実行される。

そのためには、2月中に完了報告書を届け出なければならない。。。それで、、、なんとか報告書を纏め上げ、この日午後、群馬県庁の工業振興課へ報告書を届けて来たのであった。

報告書を提出したとは言え、新技術の開発が真の意味において完成した訳ではない。

新しいメッキと言うのは、繰り返しての試作&客先での長期間における評価試験が必要だから、、、本当の評価がくだされるのは、1~2年はかかることが多い!

その間、こちらとしても様々な試作を繰り返し、客先に提供しなくてはならない・・・

Kaz

カテゴリー:経営環境
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。