ホーム > 学校教育 > 壮年野球県大会

壮年野球県大会

30日(日)日曜日だが、5時に目覚める
いささか疲れと昨夜の酒が体内に残っている
だけど、、、集合6時半に間に合わせるべく、、、起床
 
前夜の酒とホルモンがたたり、食欲がないが、二日酔い対策に味噌汁を食す
 
前日同様、S水先輩のK社で先輩後輩たちと合流
K林先輩の車に乗せていただき、前橋市民球場へ向かう~~~7時10分到着
 
第一試合のため、雨など天災でもなければ、試合開始が遅延する事はないが、霧雨程度でまずまず、、、
大会事務局によると開始予定時刻8時半を20分早めることに。
 
主将を示す背番号10を背負っており、メンバー表の交換や攻守を決める役目があり、、、時刻が気になる
 
攻守を決めるジャンケンは、中学生時代に主将を務めていた時以来、、、
最初はグー、ジャンケンポン、、、で、グー、、、アイコ~~~二回目もグーを出すと相手はパーで負けた・・・先攻になった
これが、最後に災い、、、
 
さて試合開始早々の1回表に3点を先取、、、幸先が良い
エースI藤君も好投を続け、、、中盤まで6-3で優勢
だが、投手力&打撃で我チームが上回るも、、、走守の面では相手に分があり、
こちらのエラーも加わって、終盤、同点6-6に追いつかれてしまった
 
7回まで投げたI藤投手は他にも試合があり、マウンドを途中で、私の同期O野君に託した。
結果的には、ここが変換点となってしまった。
O野投手も内容は悪くなかったのだが、エラーがあったり、リズムが悪くなり、結果、同点に追いつかれた。
 
延長戦は特別ルール、、、10回表からは、無死満塁からのサドンデス
先攻の我チーム翠巒クラブは、5点を得るも、、、相手も5点、、、
11回表は、3点GET、、、、、相手も3点を取り、なお緊張が続くも、、、
結果は満塁で押し出し四球 THE END  
14-15 残念だが敗戦
 
私は試合に出られる身体ではなく、専ら1塁ランナーコーチであったが、選手は良く戦ったと思う
 
結果的に敗戦で虚脱感に苛まれたようだが、、、
試合ともなれば、昔に返り闘争本能が復活し勝負に拘るものだ
 
今回敗戦の悔しさを次回大会に活かしてくれるはずだ
6月中旬には、別の壮年野球大会が開催される予定もあり、、、徐々にみんなのパフォーマンスがあがるだろう
 
Kaz
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー:学校教育
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。