入社式

4月1日(木)推定76万人の若者が就職できたそうだが、反対に約20%の新卒者が就職出来ないでいるという。
計算すると約19万人が職に就けない事態・・・真に忌々しき状況だ
 
数年前になるが、フィリピンの日系企業の工場見学をした際、男子の就職先が殆ど無いと聞いた。
公務員になれれば最高だろうが、警備員やホテルマン、工場勤務などに就ければ、恵まれている方。
工場勤務の場合でも、5年間の勤務後に正社員になれる人は少なく、契約解除つまり解雇となる人が圧倒的に多いらしい。
5年以上経過すると賃金UPに加えて、正社員に登用しなければならず、優秀な人材だけを採用しているとの事。
見学した企業では、立場によってユニフォームを変えている。
現場作業員の多くは、白色Tシャツ。
5年以上勤務で正式採用された主任クラスは、ブルーのポロシャツと言った具合。
外見だけで、すぐに見分けがついてしまう。
継続勤務できない人の行く末はどうなるのだろうか?
犯罪率が高くなる事につながるのだろうか・・・
 
さて日本国内では、大手企業の入社式が報道されているが、就職できない人からすれば、羨ましい限りだろう。
学校を卒業しても、就職先がないなんて、日本は大変異常な事態に陥っている。
 
高校卒業後に専門学校に入学する人が激増し、就職に有利な資格取得を目指す。
現代の若者は、堅実な選択をせざるを得ないのだが、豊かな時代に育った弊害もあるようだ。
 
ある社会福祉法人の入社式に出席したところ、22年度は13名を採用したのだが、そのうちの1名が直前キャンセル。
理由は寮母として、1年間の住み込みに耐えられないとの事、、、呆れて言葉も見つからないが、同時に愚息を思い出すと他人の事は批評できない。。。
 
職に就けなければ、食の確保が出来ない筈だが、ゆとり教育に加え、親に甘やかされて育った世代、、、今後、社会でどの様に活躍するのだろうか?
 
Kaz
 
 
カテゴリー:ニュースと政治
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。