ホーム > Uncategorized > 装置故障から復旧まで

装置故障から復旧まで

15日(火)午後、無電解メッキラインが停止した。いつも故障は突然、発生するのだが、事前の察知能力を鍛錬して欲しいものだ。
駆動部の一部品が摩耗し、動かなくなってしまったのだが、高所部分の為、日常点検が行い難く、社員を責めることはできないのだが・・・
 
商社を通してメーカー部品を取り寄せるのは、何かと時間がかかり、何ともじれったい。部品の在庫があるのか無いのかさえも、なかなか返答が帰って来ないのだから、いらいらは時間と共に比例増幅する事に・・・結局、在庫の存在が判明しのは、翌日、昼頃であった。
 
紆余曲折の過程を経て、部品が手元に届いたのは、17日の朝8時半頃。
運送会社の群馬営業所止めとし、通勤途中で社員が受け取り、ようやく会社に、、、
 
部品さえあれば、復旧はそれほど時間を要しない。お昼には部品交換が完了し、午後から通常業務に戻る事が出来た。
営業時間で換算すると2日間の停止となってしまい、お客様にご迷惑をかけてしまった。
今後、消耗部品は在庫として社内保管し、備えを充実する心算、備えあれば憂いなし。。。
 
昨年も11月末に、ライン故障の為、2週間の停止期間があり、お客様に多大なご迷惑を掛けてしまった。
この反省に基づき、故障の原因となった部品を在庫するべく、注文をしたところであったのだが、今回は前回と異なる部分が損傷してしまった。
酸のミストが立ち込める雰囲気で、金属の腐食する速度が速く、機械部品の消耗は著しい。
依頼品を腐食に耐え得るメッキを施す反面で、機械装置の劣化損傷が激しいところは、メッキ業の辛いところである。。。Kaz
 
 
カテゴリー:Uncategorized
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。