ホーム > Uncategorized > 生活標語の審査

生活標語の審査

11日(金)仕事の合間を見て?T沢地区区長会長さんのご自宅を訪問。
高崎市から安全自主パトロールの助成金が出ており、その3万円を受け取りに伺った次第。
そのほか、青色回転灯助成金として1万円を既に受領しており、合計4万円を地域安全パトロールに役立てる訳だ。
今年は青少推という別組織の活動資金に充てる予定で、夜行ジャンパー等を配備する事になりそう。
 
午後2時からは、T沢公民館にて地区青少年問題協議会役員会を開催。
小中学校に依頼した夏休みの課題「親子で考える生活標語」の審査を行い、応募多数の中から13点の優秀作品を選定した。
10月中旬には地域の13箇所に散在している掲示板にこの作品が貼り出され、一年間、地域社会の人の目に映る。
親子の日常を表す、ほのぼのとした作品もあれば、挨拶や朝ごはんの大切さを訴えている作品が多かった。
 
きょうも然程仕事が出来ていないが、明日は土曜日、自分の宿題が捗る筈だ。Kaz
カテゴリー:Uncategorized
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。