アーカイブ

Archive for 2009年9月

社員教育

2009年9月29日 コメントを残す
28日(月)毎月恒例のS水先生による社員面談を行った。
幹部社員に若手を含め、5名の相手をして、立て続けに 約5時間と長丁場。
S水先生も さぞかし お疲れのことだろう。
 
コンサルティングは、身体の疲労よりも、心労が大きいのではないかと思う。
社員各自の立場によって、自覚も意識も異なり、温度差があまりにも大きく、、、
その温度差を少なくする様に、意識改革を求めるのだから、長時間を要する。
性急に大きな成果を求めるものではなく、とにかく、気長に続けるしかない。。。Kaz
カテゴリー:Uncategorized

2週間ぶりに榛名湖へ

2009年9月28日 コメントを残す
27日(日)榛名湖へ2週間振りに釣行した。

湖畔ではいつの間にか、秋の深まりを感じさせ、少しだが紅葉が開始している様子。

 
ネットの天気予報を信じた結果、曇りは合っていたものの、気温が予報と比べてかなり下がり、非常に寒い思いを・・・
山を軽く見てはいけないと、改めて思い知らされた一日となった。
 
出船前はそれ程寒さを感じなかった上、手漕ぎボートを進めるうちに、汗ばむ程であったのが、徐々に寒さが、、、湖上には当たり一面、濃霧が覆い、あたかも雲の中に居る様な幻想的な世界に。
 
周囲に多くの釣り客が居なければ、恐怖感があるかも・・・多くの釣り客と、夢中で釣りをしているので、何とかなったが。。。
 
まもなく霧が少なくなったが、ワカサギの当りも薄くなる。
魚影探知機には、反応があるのだが、、、なかなか、餌に食い付かないのだ。
寒さとともに魚の食い渋りに嫌気が差し、帰りたくなったが、、、午後1時を回った頃から、また時折、釣れだし3時に納竿。
釣果はちょうど100尾、と満足はできないものの、この条件下、最低限の1束を確保できたのは、腕前をあげた結果といっても良いかも。
 
次回につなげたい。Kaz
カテゴリー:趣味

中小企業診断士のO先生が

2009年9月25日 コメントを残す
25日(金)昨日は中小企業診断士O先生が厚木市から駆けつけてくれた。毎月一度の定期訪問だ。
7月から全社を挙げて取り組んでいる、「5S活動」と「改善活動」の進捗状況を各担当リーダー達からヒアリングし、パワーポイントに落とし込んで行く。
 
担当者は積極的にこの活動に力を入れてくれているのだが、その他大勢を如何に巻き込んで行くかが今後の鍵となる。
貢献度に応じた褒章や表彰制度など或いは人事考課に反映させる事も視野に入れたいと、、、
 
プロ野球の三冠や大相撲の三賞で例えると、「首位打者」・「最多打点」・「最多本塁打」、「殊勲賞」・「敢闘賞」・「技能賞」など提案数の多さ、効果的な提案・活動、最も成果をあげた提案・活動などだろうか、、、
名目は何であれ、努力に対しての報いは必用だと思う。
 
今年1月以降のドン底を改めて思い返せば、各自、働き甲斐を持って取り組めるはずだが・・・みんな同じ方向を向いてくれ、、、
 
 
夕刻には T沢小学校PTA・S口会長とT育成会長と三者打合せを予定している。
来年度以降の態勢について、腹蔵なき意見交換を行う心算だ。
 
夜には面子、場所を変えて、他所様のPTA、OB会(高崎市最大規模のS野小学校)に参加する予定だが、旧知の諸先輩方に加わり、心底より楽しんで来たい。
本当は酒を呑むよりも降圧剤を飲まねばならないのだが、給料日前で先立つ物が乏しく、、、医者へは行かず、今夜も宴へと向う愚かさよ!
 
Kaz
カテゴリー:Uncategorized

転地効果

2009年9月23日 コメントを残す
23日(水)世間ではシルバー・ウィーク最終日だが、今日も弊社は営業中。
 
自動車に関連する工場は、右へならえで稼動しなければならないからだが、この3日間はそれ程、忙しくはない。
だけど、、、営業しなければならぬ、この不条理さは零細企業の悲しい性でもある。
 
さて9月も既に終盤となってきたが、3回の出張(子どもの学校関係だが)の機会に恵まれ、その都度ブログに掲載してきたので、ご承知の向きが多いかと思う。
 
行き場の無いこの数日間、徒然なるままに、、、今月を振り返りたい。
 
日常から離れ、非日常を味わう事は、時には大切な事だと思う。
場所が変ると気分も変り、リフレッシュ出来るからだが、これが所謂、転地効果。
日常に行き詰まりがちな時には、自然に触れる事ができる場所へ出かけてみよう!
 
白根の山奥に作られた開善学校では、自分達が知っている学校では考えられない教育と生活が営まれている。
豊かな自然 = 厳しい自然でもあり、その中で心身ともに醸成され、人間形成され生徒達は逞しく成長して行く。
この学校の卒業生は、一体どんな大人に成るのだろうか?都会でひ弱な生き方をしている輩には創造できない型破りなスケールの大きな人間となるに違いない、、、と思う!
 
富士山は世界中の人々を魅了して止まない存在感を示し、近くに行けば行くほど、その雄大さに圧倒されてしまう。
スケールの大きさに加え、裾野が広く美しい形をしているからだろうか?幾ら見ていても飽きることがない。
この様な大自然と触れ合う機会は、工業に携わる立場からすると、改めて自然の大切さを実感させられる。
 
自然回帰、自然への憧憬は失ってはならないが、標高1000m付近に広がる青木ヶ原樹海は、名前の通り、海のような広大さ。
近年、自殺者が多いと言うが、何とか思いとどまって欲しい物だ。
新政権、政治家の皆さん、経済的弱者や中小零細企業も面倒見てくださいな!
 
二律背反に陥るが、鳩山総理が温室効果ガス25%削減を世界に向けて宣言した。
大手メーカー各社は、日本国内での製造に固執するものではなく、国外拠点の増強へと向うのが自然だ。結果、国内製造業の空洞化に拍車が掛かり、、、恐ろしい事態へと、、、ならぬよう祈念!
 
だが、次世代に豊かな自然を継承する為にはあらゆる障壁を乗り越えて25%削減を実現して行く必用がある。
もう後戻りは出来ないのだから、、、Kaz
 
 
カテゴリー:Uncategorized

シルバーウィークも仕事

2009年9月22日 コメントを残す
22日(火)ちまたではシルバー・ウィークとかいって、19日(土)~23日(水)まで5連休となっている企業が多い様だ。
弊社は、この間20日(日)のみ休日で、19日(土)は臨時営業、21日~23日は通常営業としている。
製造業に関わる多くの工場が、生産調整を未だ継続している事を考えると、弊社は世間様と比して、現状、少々恵まれている。お客様に感謝!
 
だが、やはり、21日(月)は休日の会社が多い様で、電話もほとんど鳴らない。
普段の月曜日は、いつにも増して電話が多いのだが、、、連休による影響と生産調整を続けている企業も未だ少なからずあるのだろうか?
 
さて過日、得意先から見積依頼があり、吉井町にある切削屋 M製作所さんを同級生のY岸君に紹介してもらった。
何でメッキ屋が切削の見積もりを?と疑問に思うのが当然だが、プレス部品、切削品、ASSY、熱処理、亜鉛メッキと多岐にわたる見積内容なのだ。
弊社の得意先はプレス加工がメインだが、逆にメッキ屋から加工屋を紹介してもらおうとの狙い。
この様な時に、人脈が多いことは、いずれ身を助ける事につながるだろう、、、との思いも小生にはあるが、大きな期待は持ってはいけない。
長い人生の内に誰かが、暖かい手を差し伸べてくれるに違いない、、、と、、、信じる程度が丁度良い。
 
この切削屋さんM製作所さんを21日(月)午後、Y岸君と同行訪問してきた。
未だ若い社長で精力的に営業活動を展開しているとの事。厳しい現状を打破し、苦境を乗り越えようと必死な姿勢は感心するのみ。
努力も実りつつあり、新規案件も始まる寸前らしい。
 
新規顧客獲得の為の営業活動は、短期間で成果を得る事は珍しく、長い年月を要する事は言うまでも無い。
長時間を要する営業活動は、裏返せば年配の経営者で後継者が居なければ、土台からして無理な話でもある。
若い経営者だからこそ、将来を見据えた長期にわたる営業活動に力を傾注できると言う物だ。
 
また既存顧客にだけ、依存している体質では、これからの時代に生き残れる可能性は限りなく低い。
弊社ではこの一年間で既存顧客を2社失う事になるが、1社は大手企業の路線変更に起因する。
つまり、これまでは分社化、地域分散などによるリスク分散をしていたものが、類似事業の整理統合に転換しているのだ。
火災や地震など自然災害を地域分散によって、リスク回避が図られていた時期は、それほど昔の事ではないのだが、、、
 
零細企業の親父が何を吠えても、甚だ無力ではあるが、何とも言えない虚しさを感じざるを得ない。
知恵を絞り、ひたすら前向きに頑張るしかない!新規顧客獲得目指し営業しなくては!! Kaz
 
カテゴリー:Uncategorized

富士山近くへ

2009年9月20日 コメントを残す
19日(土)社員のほぼ半数が出勤だったのだが、私は午前中に塚沢小学校運動会に顔を出し、その後、午後1時より農大二高父母の会研究大会、全体会で司会を務めた後、午後2時発、富士山方面へ向う。
農大二高の乗用車に乗り込み、Y田会長自らが運転して一路、東京農大富士農場へ、、、
定員7名の車に、成人男子7名はかなり、タイトだった。。。のだが、さしたる渋滞もなく、夕刻5時頃に到着。
食堂では既に、オープニング・セレモニーが始まっており、丁度良い頃合の到着であった。
参加者は東京農大、情報大、農大一高、二高、三高の保護者や賛助会員で、かなり遠方の方も居た。
 
セレモニー後、外へ出てみると、美しい赤富士が現れる。
時が進むにつれ表情に変化があり、とても感動的な瞬間に立ち会う事ができ、本当にラッキーと言うしかない!
上の写真は17:45分撮影。
赤富士を見られたのは、ほんの20分間程度の間の出来事であっただろうか?
 
次の写真は17:53分撮影。
地元住民でさえ、めったに目にする事が出来ない赤富士を目撃出来たのは、何かよい知らせが来る兆候であろうか?
商売繁盛となって欲しい物だ!!
 
その後、屋外でバーベキューを行ったのだが、この農場で飼育されていた牛、豚のお肉を美味しく頂戴したのであった。
赤富士ショーが終わると、美しい夕陽が現れた。撮影時刻は18:03。
 
BBQに舌鼓、、、農大ニ高は呑むベーが多く、お酒をたんまりと頂戴したのであった。
お酒の名前は「だいこん踊り」、辛口で冷酒でいただくと何とも美味しい。
 
その後、食堂でビンゴゲームが始まり、和気あいあいの内に全予定行事が終了。
部屋に戻り、二次会・・・
二次会の途中で、牛乳風呂が空いたとの知らせが届き、お風呂場へ、、、
その後、眠気が襲い、各自次々とベッドへ入るが、Y田会長は皆が寝静まった後も、一人で飲んでいたらしい、、、
 
翌日は朝飯をいただき、農場見学を。牛・豚・鳥などを飼育しているのだが、何とも種類が豊富。牛では有名な黒毛・赤毛和牛、ホルスタインなど良く知られている牛種の他にも多種にわたる。鳥も多種類居だが、ほろほろ鳥の卵をお土産に頂いた。
 
集合写真を撮影し帰路へ、、、
途中、富士山の見える日帰り温泉で露天風呂を満喫。
20日9:30分撮影。雲ひとつ無い快晴の富士山は、見ごたえ満点!
 
きのこを買い、名物のほうとうを食し、中央道へ・・・
二日間にわたり楽しい一時を味わう事ができたが、これは役得としか言いようが無い!Kaz
カテゴリー:Uncategorized

持病が再発

2009年9月19日 コメントを残す
19日きょうは土曜日だが、弊社は一部ラインが稼動している。体調不良や子どもの運動会などで、何人かは休んでいるが、半分以上の社員が協力的に働いている。
世間では何時の間にか、この5連休をシルバー・ウィークとか言っているが、弊社は月~金の営業と土日が休日の基本スタンスは変らない。こんなに休みが多くても先立つ物もないし、、、いかがなものでありましょうか?
 
さて、最近の過密スケジュールにより、持病の中心性網膜症が再発している。
目の病気だが、疲労やストレスが原因と言われている、40~50歳代の男性に多く、発症する病だ。
痛いとかではなく、視点中央が霞み、物が良く見えないのが症状だ。
一般的な治療方法は、破損している網膜の箇所を特定し、レーザー光線の照射によるピンポイント治療。とにかく眩しい事が辛いだけで、痛くも痒くもない治療方法。
今回も毎度の事ながら、過密日程による疲労、ストレスから来る心労などが原因と思われるので、しばらく安静にしていたいのだが、、、そうはいかないのが、いつもの事情。
 
きょうは、これから会社を離れ、地元小学校の運動会への顔出し、農大二高父母の会、研究大会全体会での司会を務めた後、東京農大富士農場宿泊見学会参加、、、とこんな感じの予定だ。
 
次男の野球の試合応援には、秋季大会では一度も行っていないのだが、今日は前橋高校戦。前橋高校戦と言うだけで、血が騒ぎ、興味はあるのだが、このような諸事情により応援に行けない。今日も勝ってもらい、次戦には応援に駆けつけたいものだ。Kaz
カテゴリー:Uncategorized

草津白根方面へ

2009年9月18日 コメントを残す
16日(水)から17日(木)にかけて、草津白根方面へ出掛けて来た。
四万温泉に宿泊し、浮世を忘れ、世のチリを洗い流して来たのであったが、、、到着と同時に会社に電話をすると、不具合の報告を受け、一気に下界の俗世を思い出してしまった。町工場親父の悲しい性を痛感。
 
単なる旅行ではなく、群馬県私学保護者会連合会による学校見学会の一環で、一部有志&OB会長サン達が前泊し懇親会を行ったのだ。
二次会まで大いに盛り上がり午前様に。翌朝は朝食が8時とゆっくりで、日頃のペースと異なる。
この日は白根開善学校の見学会があり、山道を進み目的地を目指す。。。。。ところが、学校の車載ナビは古いし、分岐点には開善学校の看板が無く(見逃したのだろうか?)なかなか辿り着かないし、、、結局かなりの遠回りをして草津経由で10分程度の遅刻となった。
到着後まもなくして、昼食の時刻に。
昼飯は学食で生徒が日常食べている物と同じ物をご馳走になった。当日の献立は、はやしライス&サラダ&ケーキ&果物とボリューム満点・美味であった。
学食は別棟となっており、山小屋風で雰囲気が良い。
山間の全寮制の学校なので、生徒達はこの学食が唯一の楽しみに違いない。校内には自動販売機は見当たらないし、当然、売店もなく、しかも下界までは7~8Kmもあるとか・・・
 
今の時期は、気候的に過ごし易いのだが、2月には零下20℃の世界と化すそうだ。当然、辺りは雪だらけだが、その2月厳冬期に親の宿泊体験研修「冬の開善合宿」をするとの事。普段は寮内に保護者は入れない決まりだが、この時には部屋に入り、子どもと過ごし、過酷な状況下で逞しく成長している我が子を見つめ直す絶好の機会となっているそうだ。
寮には灯油ストーブがあるようだが、教室の暖房は薪ストーブ。薪は生徒が日常的に薪割りをして、冬までに備蓄しているそうだ。
 
教師も寝食を共にし、ある時には親代わり的な役割も果たし、気概に溢れた先生達が活躍されている。
教師の中には、この学校のOBも居るそうで、生徒時代の自らの体験を活かされているのだろう。
保護者役員による学校内見学&説明を受けて、この日の予定は終了となった。
 
記念写真を撮影し、帰路に着く。
写真右は、吉田会長。
 
ところが、道中またしても、道が分らず、、、野菜無人販売所?に人が居たので、道を尋ねたところ、主ではなく、地元のお客さんだった。親切な方で草津付近まで道先案内し誘導して下さった。田舎の人は本当に親切な方が多い。
 
2日間俗世間を離れ、テレビ・新聞などのNEWSに触れないと世情に疎くなった様な気分に、、、だが、最近メディアで多く取り上げられている「八っ場ダム工事現場」を通過し、民主党政権が車中の話題となる。この現状を視察すれば、中止は?となるのではないかと・・・地元住民の心中、苦悩を推し量ると、怒り心頭ではないだろうか!
 
国交省新大臣が視察するそうだが、しっかり現実を認識してもらいたいものだ。Kaz
 
 
カテゴリー:Uncategorized

先行き険しいが・・・活路を

2009年9月15日 コメントを残す
15日(火)今朝9時頃、産業支援機構のT塚さんが来社して下さった。
T塚さんはご近所にお住まいの方で、民生委員も務めている立派な御仁。
仕事柄、多くの企業訪問をしている方で情報量も豊富だ。
1時間あまりお喋りタイムを過ごし、、、話題は多岐にわたる。
中小企業も客先によって、業績回復がまちまちだと仰っていたが、その通りだと自分も思う。
 
11時頃になって、社会保険労務士のI井先生が来社した。
先生と言っても、20年ほど前に私が勤めていた会社の先輩でもあり、フランクな会話の出来る間柄なので、大いに助かっている。
最近は多忙を極めている様だが、私の知人の経営する会社に講師として招へいされる事が多いらしい。
一時帰休制度と並び企業内研修でも、助成金が出るので多くの中小企業が研修制度を取り入れているのだ。
弊社は現時点では、平均点よりも操業度が高いらしいので、研修制度は必要がない。
でも、、、年末を境に大口ユーザー様の工場閉鎖が決定しているので、決して他人事ではない。
 
これからの日本の中小企業はどうなるのだろうか?
先日、目にしたNEWSに、世界の優秀な?伸び行く中小企業とか言う内容のものがあった。数年前にはこのランキング上位は日本企業が占めていたらしいが、今年は中国企業が数多く占有しており時代を反映している様だ。
だが、どこかに隙間を見つけ、、、必ずチャンスはあると信じ、前向きに取り組まなければ明日はない。と自分に言い聞かせつつ・・・前述の元気な優秀な中小企業の多くは下請けではない。活路を見出すには、オンリーワン的な技術やサムシングNEW(どこかで聞いたかな?)を持つべきだろう!Kaz
 
 
カテゴリー:Uncategorized

榛名湖ワカサギⅡ

2009年9月14日 コメントを残す
13日(月)早朝3時半に起床にし、4時発、榛名湖へ向う。途中コンビにに立ち寄り、5時頃には榛名湖畔に到着。
町営駐車場に車を置き、いつもの水月亭(榛名観光ボート)にて支払を済ませると、女将さん曰く、ボートの沈没が毎日の様にあるので、と注意を促される。眠気が覚めると言うものだが・・・
結局、酒を呑んで釣りしている人がバランスを崩し、ボートから落ちるらしい・・・この時期は水温もさほど低くないので、何とか助かるらしいが、釣りをする時は釣りに集中しろと言いたい。(ゴルフで昼食時に酒を呑む自分が言うのも変だけれど、、、)
湖上のボート釣りは、常に危険と隣り合わせ、充分な注意が必要だ。遊覧船やモーターボートが来ると、波が押し寄せ、ボートは木の葉の様に揺らされるので、大変危険だ。
まして榛名湖からの帰路の運転もあるし、下りのワインディング・ロードは酒気帯びでは無理だと思う。
警察の取り締まりも厳しいらしいが、酒気帯び運転は絶対してはいけない行為だ!
自分の場合は、前夜の酒席が問題なのだが、今回は休肝日だったので、安心して釣行できたのであった。
 
榛名湖の朝日、5時54分頃の写真をご覧あれ。
 
強風だが晴天に恵まれた榛名湖&榛名富士。この景色はボートに乗った者以外は見られない!
 
さて釣果の方は151尾と自分では不満が残る結果であった。
言い訳となるが、かなり遠く、つまり対岸近くまで、30分程度時間を掛けて、船を漕げば、素人さんや家族連れ、アベックなどが来なくて、釣りに集中が出来る。。。ところが、今回はボート屋の前がお薦めと言われ、その言葉を信じたら、かなりの混雑。その上、場所換えしようと思ったら、強風で操船不能、辺りをうろちょろする事しか出来ない、ストレスの溜まる一日となった。
前日の雨天と、翌日の晴天には強風が付き物だが、土日の自分の予定と天候がマッチする事はなかなか難しい。
来週末は19日~23日まで秋休み?となるが、弊社は基本的に月~金は営業、土日休業がルーティンとなっている。つまり土日のみが釣行可能だが、次週19~20日は、東京農業大学富士農場宿泊見学の為、残念ながら榛名湖釣行は2週間のオフとなる。
時には自分の知らない世界を覗いて見るのも良い物だろう!Kaz
 
 
カテゴリー:趣味