ホーム > Uncategorized > 高校野球と甲子園

高校野球と甲子園

今年の誕生日で48歳となる私は、今から30年前に高校を卒業した訳だが、

高校野球をしていた者として、甲子園という響きは格別な存在だ。

 
然したる努力もしなかった報いで、群馬県夏の大会は予選で早々に敗退したのだが、
30年後に立場が異なれども、保護者として甲子園応援の機会を得た事は心底より嬉しく、幸せな事だと思っている。
農大二高野球部関係者および愚息のお陰と感謝している次第だ。
個人的には、今回の甲子園応援の旅は、30年前の忘れ物を探しに行く旅でもあったのだが、予想以上に大きな成果を得る事が出来たと思っている。今後の人生観を変えるかもしれない。。。
 
さて群馬県予選でも接戦を制してきた農大二高は、甲子園大会でも同様な粘り強い戦い方で、応援する者を魅了した。
結果的には1-1で迎えた延長10回表に1点を追加した農大二高が勝利した訳だが、青森山田を相手に互角以上の戦いを出来ると予測していた人がどれだけいることか?
野球は終わってみないと分らないと良く言われるが、そのとおりの結果となった。
捕手町田の絶妙の配球と加藤投手のコントロールされたボールによる相互効果。
打線に関しては、ヒットは多いものの、タイムリー欠乏症は否めない。だが、これで良いのだ!次の決戦も応援に行きたいのだが、そうも行かない、、、
 
CH(主審)の堅田さんは、30年前の石川星陵の投手だと思われる。
電光掲示板に映し出された名前を見て、また大きな感動を覚えた。
星陵高校VS箕島高校は、18回の激闘だったのだが、30年を経た今でも甲子園のBESTゲームと言われている。Kaz
カテゴリー:Uncategorized
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。