ホーム > Uncategorized > 忙中閑あり?

忙中閑あり?

21日(日)昨日の多忙にも負けず、忙中閑あり、、、と、早朝2時半起床にて、碓氷湖を目指し釣行。
市内のコンビニYDでオニギリを買おうと立ち寄るも、たった2個の在庫のみ。パン類はと見てもやはり少々しかない。選びようも無いので、、、、仕方なく、碓氷湖近くのコンビニFMに再度、立ち寄る。朝方3時半頃にオニギリの在庫が多い事はむしろ変だと思いつつも、Fマも在庫は多くない。普段はたいていの場合、に行く事が多いのだが、最近の報道を見ていて他のコンビニ店の在庫はどうなっているのかを見たくて、リサーチ。
 
公取による排除措置命令が下された7本部は、FCオーナーさんへ高圧的な指導(契約解除などの示唆)をしていたらしい。
テレビ報道で取り上げられていた消費期限直前の食品を値引き販売するオーナーさんには同情的になってしまう。
7本部の指導では、未だ食べる事が可能な弁当などを消費期限3時間前(?だったかな、)に店頭から撤去し廃棄処分へ回せと。
しかも、アグリガイアシステムとかいう業者に通常の廃棄処分費用の2倍程度を店舗が100%負担し、処理していたとか。このアグリ~は循環型社会を目指し、千葉県から16億円の助成金が入り、設立された経緯があるそうだが、結果的に廃棄食品を充分に集める事が出来ず、事業停止~経営破綻に、、、7のオーナーさんだって、リサイクル意識は高くても、コストが2倍では面白くないのは当然。7本部はチャージシステムとう名目の指導料(通常のロイヤルティ)として総利益の43%をもFC各店舗オーナーから徴収しているのだから、廃棄処理費用の50%程度をシェアしていれば、違った結論になっていたのではないだろうか?前述のオーナーさんは、もうこれ以上食べられる物を捨てたくないんだと話していた事が印象的だ。
 
20年ほど前に毎週1回以上IY本部(地下鉄日比谷線の神谷町駅が懐かしいなぁ~)にSALESに行っていた身としては、IY贔屓ではあるものの、今回ばかりはIYグループの分が悪いと思う。
県助成16億円には、IYや7本部の影響力が甚大であることに加えて、背景に政治家の陰がちらつくと思うのは自然の流れだと思うが、みなさん如何思われますか?
 
などとコンビニ・オニギリから、こんな事を考えつつ、午前4時~午後3時頃まで雨の中にも拘らず魚釣りをしていた。
釣果は岩魚2尾(4月末に放流された魚)、先週のリベンジを何とか果たす事が出来たかな?
餌は生餌(クチボソ:小魚)だ。先週、自分の側で岩魚を釣っていた小父さん達は、すべてクチボソを餌としていたので、これに倣った次第。結果、見事に2尾Get!たった2尾でも岩魚(いくら放流魚と言えども)は警戒心が強いので難しい。それだけに嬉しさもひとしお!餌のクチボソ取りから、準備が始まるのだから、好きでなければ出来ない仕業だろう。
釣れたての岩魚をご覧下さい!Kaz
 
 
 
カテゴリー:Uncategorized
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。