ホーム > Uncategorized > 予定に追われ

予定に追われ

6月11日(木)この日は、岡崎部長が朝一番何時もの様に出社したが、その後、予定とおり8時頃に帰宅。居住地域の役員としての活動に加わる為だが、この様な経験は皆、誰もが、早くからしておくべきだと思う。居住している地域の人たちから、普段受けている何気ない恩恵について、役員の経験を通して、初めて知る事が多いからだ。地域の安全、安心を維持するには、地域社会の一員として誰もがAクラスであるべきだが、会社人間化している期間が長いとある意味で偏った思考回路を形成し、独り善がりな思考に陥り易いと思う。退職後の地域生活で、近所に仲間が居る事はとても大事だと思う。若い時から、役員活動を通し、ご近所に友人を作っておきたいものだと常々考えている・・・零細企業の親父には、定年退職がないと言われるが、、、業績次第か!
 
会社としては、陣頭指揮をする部長が会社を空けるのは、部分的にはマイナスがあるものの、その間に部長の空席を埋めるべく、後輩諸君に奮闘して貰いたいものだ。この様な機会にこそ、自分の実力を見つめ直し、自分に不足しているところを認識し、成長して欲しいと願うばかり。。。
 
部長が休みだと事前に聞いていたので、私は在社予定としていたのだが、メッキ組合の理事会に召集された為、昼から4時頃まで外出。受注量が少ない日だった事もあり、定時の5時には大半の社員が退社。部長不在、社長不在でも、無事?一日が過ぎて行く・・・
 
12日(金)朝一番9時より、担当税理士Y田さんが来社し、4月末決算について打合せ?。。。内容は言うまでも無く、かなり悪い!この様な時は、目を背けたくなるものだが、過去を引きずらないで、今をいきよう。などと前向きに考えたいものだが、好材料探しも難しい!本来、真面目な経営者であれば、過去を振り返り、反省~今期の目標を、、、と、一所懸命に考えるのだろうが、私は予定に追われ、午後より伊香保温泉のT坊へ向う。群馬県高等学校PTA連合会の年次総会に参加する為だ。
今年の参加で通算4回目の参加となるが、何時もながら参加人数が多い。今年も約500名のPTA役員、教師が全県から集まった。総会の進行次第、新役員の決まり方なども、相変わらずで、自分としては早く終わらせて、講演会~懇親会と時間が進むことを願っていたのだが、総会の終わり間際に、可笑しな質問というか、感想(本人曰く)を述べた“おっさん”が居た。的を得ている部分もあったかもしれないが、総会の進行自体を熟知していれば、この様な大人数の席で言う必要性は全く無い。10分ほど、ダラダラと喋られると非常に腹立たしい。自分が議長であれば、いちいち反論したいところだが、新会長(M橋高校PTA会長)のそつが無い切替しで、早々に終了できた。
何とか総会が予定よりも早く終了したため、講演会に入る。講師は能代工業高校の元校長で、バスケットボールの監督として、通算33回も全国大会を制覇した指導者だ。1時間45分あまりの講演時間だったが、異様に早く時間が経過したと感じたのは、私だけではないようだ。無名の弱小チームを指導し、全国制覇33回に至るに、逸話は事欠かない。校長となり、現場を後輩の指導者に託した後も合計すると現在全国制覇58回?だったかな?すごいとしか言いようがない!多少宗教的な違和感を感じた方も居る様だが、これだけの成績を修めたのだから、神がかり的な部分も合せ持っている先生なのだろう。
「チームつくりは人つくり」という演題であったが、相手が子どもでも、大人でも基本は同じ(指導者が何時も本気である事)だという事を実感したが、教師から管理職へと階段を昇って行く過程をもっと聞いてみたいものだ。
 
6時半より、ようやく懇親会開始。席に着くと身動きができない程の混雑さ。畳の上で500名の宴席はこの会でしか味わう事ができない。BEERを何杯かいただいた後、日本酒のお酌を何度と無く受ける。満席状態では身動き出来ないのだが、そこかしこと空席が目立ち出し、小生の尿意も限界に近づき、はばかりへ向う。帰りしな、知人を探すまでもなく、辺りにいる大勢の友人、知己にお酌をしつつ、ご返杯を頂戴する。何処に居ても、酒を呑む。。。懇親会を終えて、4階の部屋へと向うが、高校時代同期が多数いるT高校の部屋で一献頂戴し、我がTN大ニ高の部屋へと帰る。こちらも未だ元気に飲んでいたが、いつの間にか就寝し、夜明けを迎える、、、ものの、直ぐには起床できない。お決まりの二日酔いだが、朝風呂に入り何とか、心身ともに覚醒しつつ、朝飯を食べ帰路へ、、、10時頃には我が家へ到着。
暫時休憩後、碓氷湖へと釣行・・・この展開は先週と似ているが、疲労困憊の中、体力面を省みず、思いを通し、懲りずに釣行だ。
 
夕方5時頃から実釣開始。暗くなり、そろそろ、岩魚と巡り会えるかと思うものの、意に反し、、、この日はあっけなく夕暮れを迎えた。小さな車で仮眠し、夜が明けるのを待つ。人一人、誰も居ない夜中の碓氷湖畔の駐車場は、不気味だ。時折、車が来るが、大半の車は直ぐに帰って行く。だが、中には車から降りて、ペンライトを持ち湖畔まで行く者も居る。釣り人か?と思うが、その連中も暫らくすると帰って行く。
ようやく、静けさの中、眠りに就くが、3時半にパトカーが私の車を照らし、警察官から職務質問?を。寝ているところ、大変、申し訳ないですが、魚釣りですか?とこんな感じで、とても、ものごしが柔らかい。こんな夜半に警察官も大変だが、日夜この様にパトロールをして治安維持に努めているのだと思うと有り難く感じるものだ。それから、30分あまりして、明るくなってきた頃、軽トラックに乗った初老の小父さんから問い掛けられた。聞けば上流の川に行きたいとの事。ここから行けますよと答え、その小父さんと分れた。私はようやく昨夕の続きを開始。だが、一向に釣れない。そんな中、釣り人一人が近くに来て、ほどなく、岩魚を釣上げた。暫らくするとまた一人、また一人、さらに一人と増えて来る。どうやら私以外は知人同士の様だ。彼等はポツポツと岩魚を釣上げているが、私は全く当りも無い。私はイクラやブドウ虫を餌としていたのだが、彼等は生きた小魚を餌にしている。諦めて帰ることに、、、車の前で、先述の上流小父さんと再会すると、ブドウ虫で岩魚を4尾釣上げた、と。。。所が変り、獲物(釣り物)が変れば、釣り方も変える事が必用と改めて実感。次週、リベンジしたいと思う。次の土曜日も、会議とご祝儀が予定されているが、寸暇を見つけて釣行しよう。碓氷湖の綺麗な景色をご覧下さい!Kaz
 
カテゴリー:Uncategorized
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。