ホーム > 趣味 > 野反湖へ釣行

野反湖へ釣行

5月30日土曜日パートⅡ 
子ども育成会の球技大会での審判を務め終えてから、六合村の野反湖へと向う。
高崎の自宅を出てから、途中、釣具屋&コンビに立ち寄りながら、3時間ほどで野反湖へ到着した。
1人で3時間も運転するのは、個人的にかなり、限界に近いと思うものの、、、釣りとなれば話が違う、何とかしてしまうものだ。
 
夕刻5時頃に湖畔の売店へ到着したが、濃霧で湖が見えない。が、売店で翌日の釣り券を購入し、釣りに関する情報を得ようと質問・・・対岸が比較的、高釣果と言う。つまり、駐車場からかなり遠くまで、歩いて行かなければならない距離との事だ。
車で行ける限界点まで行き、レイン・ウエアーを羽織って湖畔へ向うが、徐々に雨が激しく・・・10数分歩いて、様子を垣間見てから車に引き返す。
キャンプ場のパーキングに駐車し、車内にて軽く夕食&BEERを飲んで、翌朝に備え、早々に寝込むものの、キャンプ場の管理人に追い出されて、少々遠くの駐車場まで引き返す。
私有地?だったので、飲酒運転を許して下さいね。普段は絶対に飲酒運転はしないので、、、
 
寝込むことしばし、寒くて寝ていられない。寒さで目覚めてしまうのだ。ひざ掛け毛布が、積み込んであったので、何とかしのぐが、時折、寒さで目覚めると、未だ外は暗く、、、だが、ふと気がつくと4時。外は既に明るくなって、隣の車のおじさんは準備完了、出発寸前だ。
完全に遅れを取ってしまったが、焦っても仕方ないので、忘れ物の無い様に、ゆっくりと準備。4時半には出発。
出発時の湖畔の写真をご覧下さい。
何とも神秘的な雰囲気を独り占め?でもないか!
 
30分程度、歩いてようやく、目的のポイントへ到着・・・
5時釣り開始~だが、初めてのポイントは湖底の様子を知らないので、手探りだ。
何度か投げては、リールを巻いてを繰り返す。これにより、雰囲気が見えてくる。
根掛かりのある所、浅場、深いところなど、、、ようやく、湖底の様子が分った頃、お気に入りの釣り竿に悲劇が、、、根掛かりによって、無理やりに引いた自分が悪いのだが、竿の根本付近が折れてしまったのだ。これも自分の成せる仕業なので、怒る事もない。
雨の振る中で、集中できなかった事も災いしての竿折。残念だが、反省して次回に反映しよう。
終始こんな感じで、12時少々前に納竿、撤収。釣果はニジマス3匹&ヤマメの子ども(17~18cmくらい)だったが、ヤマメの子どもはリリース。ニジマスは放流したての魚だと思うが、サイズは25~27cm程度と、妙義湖と比較してサイズが大きく、その分、引き堪えも大きい感じを楽しむ事ができた。ヤマメの子どもは、浮き釣りでGETしたが、ニジマス3匹はブッ込み仕掛け。ここでも、浮き釣りは冴えない様だ。。。
 
野反湖周辺は、全ての動植物採取が禁じられているのだが、着替え中に、たらの芽を採取している小父さん達を目撃。着替えが終わり、のぞいて見るとその木は、丸坊主に、、、採取が禁止されているエリアだと言う点、丸坊主にしてしまう点、どちらも悪い事ですよね!一部の心無い人達によって、楽しい釣行も、心苦しい気分と混同されてしまった。
日本人の公徳心、つまり、モラルはどうなっているのでしょうかねぇ~?
一方で湖畔のゴミは、皆無とまでは行かないが、かなり綺麗にKEEPされいる。
今回の釣行ではゴミ拾いは、ほとんどしなくても済んだが、これが本当なのだ。悪しき事は戒めとし、良き事は範として真似しよう!Kaz
カテゴリー:趣味
  1. 智子
    2009年6月2日 10:23 AM

    場所を変えての釣り、まずまずの成果良かったですね。日々忙しいようですので、お体や道中は気を付けて下さいね。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。