ホーム > Uncategorized > 増産態勢に反転か?

増産態勢に反転か?

3月23日夕方、主要顧客から朗報が入った 。これまでは、自動車の減産情報ばかりが伝えられてきたが、一転して部品の増産をするとの内容だ。にわかには信じ難い部分も払拭できないが、まんざらガセネタではないだろうと期待。
社会保険労務士さんの情報でも、ハローワークの雇用対策助成金、一時帰休の申請を4月以降は行わない製造企業が数社出始めたと聞いているからだ。
本当に増産に転じてくれれば、有り難いのだが、反面、困ったこともある。
社員の雇用を維持してきたものの、研修生3名を帰国させた為、作業者数が不足するおそれが生じるからだ。
これまで数ヶ月間、企業としては、急激に減産された生産量に対して、雇用維持をすることは多大の負担があった中、対策として一時帰休やワークシェアリングでしのいで来た訳だが、この間社員を無為に遊ばせておいて、増産に転じれば、今度は残業を要する事態となるのだ。これ如何に?大いなる無駄が生じることになる。零細企業とは何とも言えない悲哀に満ちている存在、日本製造業のショック・アブソーバーだと思う。Kaz
 
 
カテゴリー:Uncategorized
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。