ホーム > Uncategorized > 子ども育成会と学校は?

子ども育成会と学校は?

いま、私の子どもは大学2年生と高校2年生の二人だが、この子ども達がお世話になった小中学校のPTA役員を務めたお陰もあって、地元では未だに、様々な役職をお受けしている。自分が子どもの頃にお世話になった地域のオッサンを思い出し、その人達への感謝の気持ちが心の底にあるからかもしれない。
この役職の中でも、小学校区の子ども育成会連合会長は、私が新たに創設(システムとして)し3年間努め、昨年度より後進に道を譲って安堵していたのだが、その後任会長があることで苦悩している。彼は幼馴染かつ大親友でPTAでも私の後任会長だったのだが、校長、教頭がセットで交代したため、俺たち二人とも神通力がなくなってしまったのかもしれない。
 
あることとは、育成会行事では校長を、あくまでも来賓として扱うようにとの事。
これまでの校長は、育成会行事といえども、最後まで学校に居て、最後の講評をしてくれたものだが、最近は事情が異なるようだ。
学校行事と育成会行事は主催者が異なるけれど、主役の子ども達は同一であり、来賓だとしても育成会行事に最後まで居て、講評してもらっていたのだが、今後は講評を求めたりしてくれるなとのこと。
学校と地域社会の連携強化が求められている今、この様な管理職で良いのだろうか?
もはや怒り心頭。怒髪、天を衝とはこの様な時にこそ用いる言葉かな?俺たちは、PTA会長も努め、恩返しだと思ってしている事なのに、職業で教師をしている教頭にその様なことを言われるとは、情けなくなり、、、この様な経済状況の最低最悪な時に、悪い事が重なり、、、これも神様が与え給もうた試練か? Kaz
カテゴリー:Uncategorized
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。