ホーム > 趣味 > 浅間山噴火とワカサギ釣り

浅間山噴火とワカサギ釣り

2月1日(日)3時半に起きて、嬬恋のバラキ湖(氷上穴釣り)へ釣行。
自宅からバラキ湖までは、約80Kmの道のりで、高崎市から出るだけで50Kmの行程です。
平成の大合併により、高崎市は県内一の広範囲となったからですが、隣接の旧榛名町、旧倉渕村を通過し二度上峠を超えて、ようやく北軽井沢。ここら辺りで運転が、かなり疲れてしまいました。早朝、暗闇の山道に加え、降雪もあって神経を使いましたが、今シーズン初の氷上ワカサギ釣りを想像しながら、堪えて運転。北軽井沢の別荘地帯に入ると、気が緩んだせいか、あくびをしたことで、道を間違え遠回りしてしまったものの、6時半には目的地に無事到着。
7時半の受付開始には、一時間もある為、車中でラジオを聞いていると、地震のNEWSがあり、嫌な予感。
過去の経験上、地震前後には、魚は捕食しなくなるので、釣りは難しくなるからです。
案の定、魚のあたりも無く、釣果はたったの2匹と、初心者に逆戻りとなりました。何事も初心忘るべからずとの教えに立ち返る様にとの神の啓示と反省し、強風にも圧倒されたので、1時半には撤収し帰る事にしました。
帰途では、浅間山周辺に続く道が、噴火の怖れから封鎖されていましたが、疲れと釣果が期待はずれだったせいか、浅間の近くを通過しているにも拘らず、浅間山噴火の文字を看過して通過しておりました。二度上峠ではNHKがTVカメラで浅間山を撮影していましたが、これも気に留めずに帰宅。帰宅後のNEWSで、結構深刻な状況下で釣りおよび通行していた事に気が付いた次第です。何かに集中する事は良い事ですが、無為無策な日々を過ごしていると、危険や深刻な状況も察知できなくなるぞとの戒めでしょうか?あるいは、この数ヶ月の景気動向と弊社の受注状況から目を逸らしたくなる事が多く、沈滞ムードになっている事への警告でしょうか?
2月から気持ちを切り替えて、前向きに頑張ります!
バラキ湖の地吹雪の様子と浅間山の写真を掲載するので、ご覧下さい。Kaz
 
カテゴリー:趣味
  1. 智子
    2009年2月2日 8:58 PM

    浅間山噴火しましたね。無事のご帰還で何よりです。わかさぎはいつ届くのかと主人と首を長くして待ってます。景気はどん底ですが、自給自足で耐え凌ぎましょう。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。