ホーム > Uncategorized > 経営状況

経営状況

昨日、中小企業診断士、尾又先生による経営分析を実施していただきました。
今期売上は9月まで前年対比、約10%UPで推移し、好調に推移していましたが、10月以降は急降下です。
特に、ここ2ヶ月は自動車関連部品の在庫調整の為、受注が激減状態となり、12月に続き、1月は最低最悪となりました。いつの間にか、特定の自動車メーカーに受注が偏っていた事も、弊社の受注激減の一因ですが、これも下請けの悲哀といえるでしょうか?今となっては、様々な情報を察知する能力を高める事と多品種小ロット部品の受注拡大が必要だと反省しています。
 
この様な厳しい経営環境ではありますが、私の心の支えとなっているのが、新幹線部品と空調機部品の受注が好調である事です。両者ともに低炭素化、省エネに共通項がある様ですが、これからも、景気動向に左右される事が少ない分野に、受注を広げて行く努力をしたいと考えています。
 
2月以降は、どうなるのか?ある統計調査では、日本人は今後の景気動向について、世界各国と比較して、かなり悲観的だそうですが、①国民性②輸出依存度が高い③政治不信などが背景にあるそうです。麻生総理が言われる様に、いち早く不況から脱却する国となって欲しいと願うばかりですが、皆さんはどの様に思われますか?Kaz
カテゴリー:Uncategorized
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。